家族

乳児湿疹の原因を知って赤ちゃんのお肌を守ってあげましょう

お肌のトラブルから守る

赤ちゃん

産まれたばかりの赤ちゃんは、からだの皮膚が大人よりもとても薄い状態となっています。よって、赤ちゃんのお肌は、乾燥しやすい状態でもあるといえるのです。また、バイ菌に対抗できるような免疫力がととのっていないので、少しの刺激でもお肌が荒れやすいのです。赤ちゃんのお肌トラブルは、顔だけではなく身体ぜんたいに起こるものになりますので、じゅうぶん気をつけてあげましょう。赤ちゃんの多くがかかりやすい症状として、乳児湿疹があります。乳児湿疹とは、赤ちゃんのお肌にできる赤くブツブツやザラザラとした状態のものをいいます。乳児湿疹になると、ニキビのようなものやお肌ぜんたいが赤く腫れてしまうようです。身体の部分ですと、おむつや汗などの刺激でも炎症を起こしてしまう原因になります。乳児湿疹になる原因はお肌の乾燥によるものです。主に産まれて1週間から4ヶ月までの間に発症するといわれており、遅くても1歳になるまでには症状が治まってくるようです。乳児湿疹にかかってしまったら早めに改善してあげるとよいですし、なによりも乳児湿疹にからないように毎日お肌をケアしてあげる事が大切となってきます。
赤ちゃんのお肌を守るためには、赤ちゃん専用のケアグッズを使用すると効果的です。ケアグッズのなかには、ベビーローションやベビーオイルなどがありますので、使い心地のよい商品を購入すると良いでしょう。ケアグッズは、ドラッグストアやデパートなどで簡単に購入することができます。また、お手頃な値段で販売されていますので簡単に手に入れられるのです。

こだわりのある選び方

赤ん坊

赤ちゃんにミルクを与えるときは、水が重要になります。水道水には、いろいろな薬品が使われているので赤ちゃんに負担をかけてしまう恐れがあるのです。赤ちゃんの体質に合う水を選んで飲ませるようにしましょう。

この記事を読む

赤ちゃんの肌を守ろう

乳児

赤ちゃんの肌は、とてもデリケートで乾燥しやすいです。そのため、ベビーオイルを使用して肌を乾燥から守ります。ベビーオイルを使用する時には、赤ちゃんの肌に合ったものを使用するようにしましょう。

この記事を読む

ミルクを作る手間を省ける

女性

最近では、ウォーターサーバーでミルクを作って赤ちゃんに飲ませている家庭が増えています。ウォーターサーバーを使用することで、面倒だった手間を省くことができるのです。一度試してみると良いでしょう。

この記事を読む