ベビー

乳児湿疹の原因を知って赤ちゃんのお肌を守ってあげましょう

赤ちゃんの肌を守ろう

乳児

ベビーオイルとは、言葉の通り赤ちゃんに使用されるものです。生まれたての赤ちゃんの肌は、マシュマロみたいに柔らかいです。しかし、赤ちゃんの肌は、乾燥しやすくトラブルを起こしやすいデリケートなものです。そのため、ベビーオイルを使用して乾燥から赤ちゃんの肌を守り乾燥肌にならないようにしてあげるのです。ベビーオイルに含まれている成分には、主にミネラルオイルと酢酸トコフェロールなどがあります。ミネラルオイルは、石油に含まれている不純物が取り除かれた油となっています。石油と聞いて赤ちゃんに使用するのは、ちょっと抵抗があると考える人も多いでしょう。しかし、ミネラルオイルは、赤ちゃんが使用しても大丈夫な成分なため、安心してベビーオイルを使用していただけます。

ベビーオイルは、主にお風呂あがりや耳掃除、鼻掃除などの時に使用されます。お風呂あがりに、赤ちゃんの肌に塗ってマッサージをするお母さんがほとんどです。赤ちゃんのお風呂あがりの後は、肌が乾燥しやすいため、すぐにベビーオイルを塗って肌を乾燥させないようにするのです。しっかり、ベビーオイルでケアをしてあげることで、乾燥肌になりにくいとされています。現在では、いろいろなベビーオイルが販売されていますが、赤ちゃんの肌に合ったベビーオイルを使用することが大切です。使用する前にパッチテストなどを行い肌に合っているか確認することも可能なので、一度試してみると良いでしょう。